スポーツ障害 (反応点治療研究会症例集)

ねんざや打撲、肩,肘、膝の関節障害、腰痛、野球肘やテニス肘などの痛み、コンディショニング: このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会がスポーツをテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクもご覧下さい。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

腰が痛いがゴルフコンペには出たい

症例40代 女性

初回 
前日腰に激痛があり、友人に付き添われて来院された。二日後のゴルフのために練習をし過ぎたようだ。聞くと二日後のゴルフコンペには絶対に出ないといけないものであるらしい。腰、背中、臀部の筋肉の緊張が強い。膀胱、生殖器の反応点も顕著に出ている。これらの筋肉の反応点を確認し、治療をおこなった。帰り際には、スムースに歩けるようになった。
       
2回目
翌日に来院された。ずいぶん楽になっている。しかし思いっきりスイングする自信が無いと不安を訴えられた。前日と同様の治療であるが、反応点が残る筋束を入念に確認しながら治療を進めた。一方膀胱の反応点はかなり強く感じられたため徹底的に治療をおこなった。翌日のゴルフには不安を感じたが、ウォーミングアップをきちんとおこなってプレーに臨むのと終了後のクールダウンも行なうように伝えた。

3回目
コンペの翌日に来院され、第一声は「優勝できませんでした」と残念がられていた。プレーそのものが出来るか心配しているのにご本人は優勝を目指していたようだ。控えめにスイングをしたようだが問題はなかったようで何よりだった。

4回目以降
何度か同じことの繰り返しになっているが、不安がある時はプレーの少し前に来院されている。駆け込み寺のように治療に来るのではなく、普段からのコンディショニングが大切だとお伝えしているがなかなか聞いていただけていない。

治療のポイントと反応点の状況
膀胱の反応点を中心に下腹部全体の反応点の治療をおこなった。筋肉は腰部、背部、臀部を詳細に確認しながら施術した。

治療の経過と感じたこと(感想)
泌尿器、生殖器の炎症などが、反射性に腰、背中、臀部の筋肉の緊張を高めてしまう。やはりスポーツは筋力勝負ではない、コンディショニング勝負である。普段からのコンディショニングの調整がスポーツをより充実させてくれる。
コンディショニングを習慣的に受け入れてもらう啓蒙の必要性を痛感した症例である。

反応点治療研究会
三田市 岸本鍼灸治療院 岸本直樹
スポンサーサイト

| 岸本鍼灸治療院  岸本直樹 | 16:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野手の野球肘

症例 10代 男性 野球部

初回 
投球時に肘の内側に痛みがあり、しばらく辛抱しながら練習を続けていた。しかし改善しないため不安になり受診された。投手ではないが、いわゆる野球肘の状態だった。少し休んで治療に専念する方が良いが、レギュラー争いのため練習は休みたくないようだった。肘の周囲の筋肉に強い筋緊張がある。呼吸器系の反応点と前腕の筋肉を中心に治療をおこなった。
       
2回目
前回の治療で改善があったようだが、まだ違和感は残っている。今回の治療後、肘周辺の筋肉の緊張はかなり改善が見られた。監督の先生に覚られないように気をつけながら、肘に負荷がかからないように、工夫して投げることを勧めた。

3回目
前回の治療後は練習中、痛みをほとんど感じなかったようだ。傷めている筋肉の反応は改善していた。そのため痛みが再発したとしても対応できると判断し、強めに投げてみるように伝えた。

最終
投球時に違和感は、なくなっていたようだ。今後、痛みが出たら我慢せず、すぐに治療に来ることと内臓も含めたコンディションづくりが大切なことをお話した。

治療のポイントと反応点の状況
肘の内側の筋肉の緊張を緩和することを最優先させた。肺や気管等の反応点も同時にケアしていった。

治療の経過と感じたこと(感想)
傷めた部位から、呼吸器系の不調を疑ったがさほど悪くなかった。治療に来られた時は改善していたが、肘を傷めた時には呼吸器に不調があったのだと推測できる。おそらく風邪気味だったのだろう。コンディショニングの治療を実行していれば防げたケガだと思われた。

反応点治療研究会
三田市 岸本鍼灸治療院 岸本直樹

| 岸本鍼灸治療院  岸本直樹 | 09:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

調子が上らない競輪選手

20代 男性 競輪選手

初回 
腰、背中の張りと痛みを訴えて来院された。この数ヶ月間は体の調子も今一つで、自分の力を発揮できていないようだ。一定の成績を残し続けないといけない厳しい世界なだけに焦りが伺える。
       
2回目
レースの直前に来院。初回と同様、内臓の反応点、腰や背中等に治療をおこなった。各部の反応は改善しコンディションはまずまずの状態になった。腰、背中の張りもあまり感じないようだ。

3回目
レース期間中、腰、背中は快調だったらしい。競輪は3日間続けて開催されることが多いが、この前の期間中には脚の疲れ方がほとんど出なかったようだ。「これからもお世話になります。よろしくお願いします」と言って帰られた。

最終
現在もレースの前と疲労感がある時に必ず来院される。今ではスポーツマンにとって内臓を含めたコンディションづくりの重要性を実感されているようだ。

治療のポイントと反応点の状況
背中、腰、臀部、大腿部の筋肉の状態を良くすること、また耳、心臓、膀胱等の反応点を改善させることを重視している。治療後は確実にこれらの反応点は改善している。やはり体全体の調子を整えることが大切である。

治療の経過と感じたこと(感想)
プロスポーツ選手には最高の状態で試合に臨んでもらいたいと思う。そのためには筋肉の痛みや張りだけではなく、体全体のコンディショニングに注目すべきである。内臓の調子や、内臓の不調に影響される筋肉をより良い状態にすることで、安定した結果に繋がっていくのだと考えている。

反応点治療研究会
三田市 岸本鍼灸治療院  岸本直樹
 

| 岸本鍼灸治療院  岸本直樹 | 10:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |