スポーツ障害 (反応点治療研究会症例集)

ねんざや打撲、肩,肘、膝の関節障害、腰痛、野球肘やテニス肘などの痛み、コンディショニング: このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会がスポーツをテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクもご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野手の野球肘

症例 10代 男性 野球部

初回 
投球時に肘の内側に痛みがあり、しばらく辛抱しながら練習を続けていた。しかし改善しないため不安になり受診された。投手ではないが、いわゆる野球肘の状態だった。少し休んで治療に専念する方が良いが、レギュラー争いのため練習は休みたくないようだった。肘の周囲の筋肉に強い筋緊張がある。呼吸器系の反応点と前腕の筋肉を中心に治療をおこなった。
       
2回目
前回の治療で改善があったようだが、まだ違和感は残っている。今回の治療後、肘周辺の筋肉の緊張はかなり改善が見られた。監督の先生に覚られないように気をつけながら、肘に負荷がかからないように、工夫して投げることを勧めた。

3回目
前回の治療後は練習中、痛みをほとんど感じなかったようだ。傷めている筋肉の反応は改善していた。そのため痛みが再発したとしても対応できると判断し、強めに投げてみるように伝えた。

最終
投球時に違和感は、なくなっていたようだ。今後、痛みが出たら我慢せず、すぐに治療に来ることと内臓も含めたコンディションづくりが大切なことをお話した。

治療のポイントと反応点の状況
肘の内側の筋肉の緊張を緩和することを最優先させた。肺や気管等の反応点も同時にケアしていった。

治療の経過と感じたこと(感想)
傷めた部位から、呼吸器系の不調を疑ったがさほど悪くなかった。治療に来られた時は改善していたが、肘を傷めた時には呼吸器に不調があったのだと推測できる。おそらく風邪気味だったのだろう。コンディショニングの治療を実行していれば防げたケガだと思われた。

反応点治療研究会
三田市 岸本鍼灸治療院 岸本直樹

| 岸本鍼灸治療院  岸本直樹 | 09:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT