スポーツ障害 (反応点治療研究会症例集)

ねんざや打撲、肩,肘、膝の関節障害、腰痛、野球肘やテニス肘などの痛み、コンディショニング: このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会がスポーツをテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクもご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

腰が痛いがゴルフコンペには出たい

症例40代 女性

初回 
前日腰に激痛があり、友人に付き添われて来院された。二日後のゴルフのために練習をし過ぎたようだ。聞くと二日後のゴルフコンペには絶対に出ないといけないものであるらしい。腰、背中、臀部の筋肉の緊張が強い。膀胱、生殖器の反応点も顕著に出ている。これらの筋肉の反応点を確認し、治療をおこなった。帰り際には、スムースに歩けるようになった。
       
2回目
翌日に来院された。ずいぶん楽になっている。しかし思いっきりスイングする自信が無いと不安を訴えられた。前日と同様の治療であるが、反応点が残る筋束を入念に確認しながら治療を進めた。一方膀胱の反応点はかなり強く感じられたため徹底的に治療をおこなった。翌日のゴルフには不安を感じたが、ウォーミングアップをきちんとおこなってプレーに臨むのと終了後のクールダウンも行なうように伝えた。

3回目
コンペの翌日に来院され、第一声は「優勝できませんでした」と残念がられていた。プレーそのものが出来るか心配しているのにご本人は優勝を目指していたようだ。控えめにスイングをしたようだが問題はなかったようで何よりだった。

4回目以降
何度か同じことの繰り返しになっているが、不安がある時はプレーの少し前に来院されている。駆け込み寺のように治療に来るのではなく、普段からのコンディショニングが大切だとお伝えしているがなかなか聞いていただけていない。

治療のポイントと反応点の状況
膀胱の反応点を中心に下腹部全体の反応点の治療をおこなった。筋肉は腰部、背部、臀部を詳細に確認しながら施術した。

治療の経過と感じたこと(感想)
泌尿器、生殖器の炎症などが、反射性に腰、背中、臀部の筋肉の緊張を高めてしまう。やはりスポーツは筋力勝負ではない、コンディショニング勝負である。普段からのコンディショニングの調整がスポーツをより充実させてくれる。
コンディショニングを習慣的に受け入れてもらう啓蒙の必要性を痛感した症例である。

反応点治療研究会
三田市 岸本鍼灸治療院 岸本直樹

| 岸本鍼灸治療院  岸本直樹 | 16:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT